銀行カードローンの審査基準は甘くない

銀行カードローンについては、かなり厳しい審査基準があります。

まず、その人がどのような職業に就職しており、どのような企業に勤めているのか、このような点から、また家にどれくらいの資産があるのか、これらについては銀行カードローンの貸し出す金額によっても異なってきますが、かなりの審査基準について、厳しいものがあります。

例えば、かなり富裕層と言われている人であり、資産について持っている場合でも、過去に何らかのことがあり、銀行でトラブルなどがあった場合などには、銀行カードローンが通らないケースなどもよくあることです。

また、所謂フリー業界と言われる、イラストレーターさんなどや芸能人などの場合にも、まだ名前が売れていない人の場合には、所属している事務所にしっかりと、正社員として勤務していない、このような場合には、カードローン審査甘いなどは下りないケースもあります。

特に、まだ無名のイラストレーターさんなどの場合には、銀行カードローンに通らないだけでなく、居住地によっては、例えば、遠方から東京などに出向いてきている場合で、現住所がまだ実家などにある場合には、銀行の通帳すら作れない、このようなことはよくある話です。
審査基準については、逆に、とても大手企業、または公務員、医師、弁護士、公認会計士などの資格を持っている人、これらの組織で働いている人、または資産が莫大にある人などの場合には、カードローンは通りやすい、とされています。