住所や電話番号が変わっても個人信用情報機関にプロミスが照会すると過去のキャッシングがわかる

個人信用情報機関というのはどんなところなのかご存知でしょうか。
個人の債務履歴を照会することになることもなんとなくはわかっているのではないでしょうか。

プロミスも審査の段階で個人信用情報機関に情報開示を請求することとなります。
情報開示をすれば誰でも個人のカードローンでのキャッシング状況がわかるというものでもありません、その点はご安心ください。
個人信用情報機関は加盟している金融業者でしか照会をすることができません、そのほかに照会ができるのは本人だけとなっています。

プロミスが審査で個人信用情報機関に照会をするのは過去や現在の債務情報を確認するためとなります。
信用するための情報を収集すると言ったところでしょう。
例えばキャッシングを踏み倒したり返済が遅延することが頻発するようなことが過去にあったとすれば貸付には大きなリスクを伴うこととなってしまいます。
債務整理を行った過去があるとすれば債務者にとってはそれが法に守られた救済措置であったとしても、債権者側つまり貸す側にとってはどうでしょうか。
完済をするまえに約束の全額を返済することなく放棄したこととなってしまいます。
踏み倒しと債務整理はプロミスにとって違いはありません。
満額を返済しなかったということに違いがないからです。

過去のキャッシングだけが重要となるかと言えばそれだけでもありません。
意外に見落としがちなのがクレジットカードの支払いや返済、そして分割払いである携帯電話の支払いや家電の支払いもあるのです。