住宅ローンについて消費者金融の借入体験談

住宅購入資金の内、不足する分を消費者金融借入れする事にしました。

消費者金融のカードローンは利用使途が原則自由であり、担保や保証人が不要と言う事からも住宅ローンの一部として利用する事が出来ると言う事を、情報サイトを通じて知りました。

しかし、消費者金融借入れは総量規制が在り、年収の3分の1未満と言う事からも、ローン額を抑えておく必要が在り、自分の年収は600万円と言う事からも、最大でも200万円までの融資になります。

また、消費者金融のカードローンは、一般的な住宅ローンとしての利用は出来ませんが、公的機関のローンを利用するだけでは不足するため、消費者金融借入れを希望したわけです。

マイホーム購入資金には頭金が在り、不足分については住宅ローンを利用して支払う形になりますが、マイホーム購入時には不動産会社に支払うための仲介手数料、ローンの事務手数料、不動産登記を行う時の登記費用、そして登記を司法書士に依頼をするため、司法書士への報酬などが必要になりますし、引越し費用もマイホーム購入資金として考えておかなければなりません。

これらの費用を、消費者金融のカードローンを使って支払うと言うのが目的となっていたため、借入額としては100万円ほどになるので総量規制の年収3分の1未満と言う金額でも利用出来ると考えたわけです。

尚、消費者金融の金利は低くなっていると言っても、公的機関の住宅ローンと比べると金利は高めと言う事からも、住宅ローンの返済を行う中で、消費者金融からの借入れを真っ先に返済を行う計画を立てて利用した事が有ります。

モビットの借り方│モビット在籍確認内容は?電話確認はある?なし?はこちら