銀行カードローンの審査基準は甘くない

銀行カードローンについては、かなり厳しい審査基準があります。

まず、その人がどのような職業に就職しており、どのような企業に勤めているのか、このような点から、また家にどれくらいの資産があるのか、これらについては銀行カードローンの貸し出す金額によっても異なってきますが、かなりの審査基準について、厳しいものがあります。

例えば、かなり富裕層と言われている人であり、資産について持っている場合でも、過去に何らかのことがあり、銀行でトラブルなどがあった場合などには、銀行カードローンが通らないケースなどもよくあることです。

また、所謂フリー業界と言われる、イラストレーターさんなどや芸能人などの場合にも、まだ名前が売れていない人の場合には、所属している事務所にしっかりと、正社員として勤務していない、このような場合には、カードローン審査明確などは下りないケースもあります。

特に、まだ無名のイラストレーターさんなどの場合には、銀行カードローンに通らないだけでなく、居住地によっては、例えば、遠方から東京などに出向いてきている場合で、現住所がまだ実家などにある場合には、銀行の通帳すら作れない、このようなことはよくある話です。
審査基準については、逆に、とても大手企業、または公務員、医師、弁護士、公認会計士などの資格を持っている人、これらの組織で働いている人、または資産が莫大にある人などの場合には、カードローンは通りやすい、とされています。

今すぐお金を借りたくてカードローンを利用したときの体験談

先月は何かと我が家の出費が多く、特に家族揃って海外に出かけた折にカード決済した旅行費が今月末になって口座引き落としを迎えるのでその金額に戦々恐々としてしまいました。いよいよ引き落とし日が迫り、いざ預金口座の残高をチェックしてみると、なんと残高が引き落とし額に満たない状態で、このままでは信用問題になると思って金策に乗り出し始めました。

そこで真っ先に思いついたのが消費者金融のカードローンです。これまでにもお金が不足した時に今すぐお金を融資できるカードローンは魅力的に思えましたが、今回は特に思い掛けない事態だったので決定打になりました。さっそく近所の契約ルームを探して駆けつけて、自動契約機を使って申請事項を次々と記入していきます。また、身分証と年収証明書はその場のカメラを使って撮影し、その画像データが自動送信される形で提示することができました。

このような形で申し込みを行うと、その瞬間から今度は消費者金融側での審査がスタートします。信用情報機関への照会で過去の借り入れ履歴をチェックされ、過去に問題のある借り入れや返済事故を起こした経歴がないかを調べられます。さらに勤務先への在籍確認も行われ、私が外出先から戻ってくると連絡があった旨の伝言が残っていました。こうやって審査も問題なく通過でき、最終的にはカード発行を受けてそれを使って今すぐお金を引き出すことが可能となりました。それを用いてすぐに翌日引き落とし分の銀行口座のお金を埋め合わせ、我が家は事なきを得ました。今後もお金が不足した時には定期的にカードを使いこなしていきたいです。
http://xn--t8jxck8jdg1c4roe6qn340as46gi4za58b.com/

住宅ローンについて消費者金融の借入体験談

住宅購入資金の内、不足する分を消費者金融借入れする事にしました。

消費者金融のカードローンは利用使途が原則自由であり、担保や保証人が不要と言う事からも住宅ローンの一部として利用する事が出来ると言う事を、情報サイトを通じて知りました。

しかし、消費者金融借入れは総量規制が在り、年収の3分の1未満と言う事からも、ローン額を抑えておく必要が在り、自分の年収は600万円と言う事からも、最大でも200万円までの融資になります。

また、消費者金融のカードローンは、一般的な住宅ローンとしての利用は出来ませんが、公的機関のローンを利用するだけでは不足するため、消費者金融借入れを希望したわけです。

マイホーム購入資金には頭金が在り、不足分については住宅ローンを利用して支払う形になりますが、マイホーム購入時には不動産会社に支払うための仲介手数料、ローンの事務手数料、不動産登記を行う時の登記費用、そして登記を司法書士に依頼をするため、司法書士への報酬などが必要になりますし、引越し費用もマイホーム購入資金として考えておかなければなりません。

これらの費用を、消費者金融のカードローンを使って支払うと言うのが目的となっていたため、借入額としては100万円ほどになるので総量規制の年収3分の1未満と言う金額でも利用出来ると考えたわけです。

尚、消費者金融の金利は低くなっていると言っても、公的機関の住宅ローンと比べると金利は高めと言う事からも、住宅ローンの返済を行う中で、消費者金融からの借入れを真っ先に返済を行う計画を立てて利用した事が有ります。

モビット審査攻略ナビ【即日融資・増額】はこちら

住所や電話番号が変わっても個人信用情報機関にプロミスが照会すると過去のキャッシングがわかる

個人信用情報機関というのはどんなところなのかご存知でしょうか。
個人の債務履歴を照会することになることもなんとなくはわかっているのではないでしょうか。

プロミスも審査の段階で個人信用情報機関に情報開示を請求することとなります。
情報開示をすれば誰でも個人のカードローンでのキャッシング状況がわかるというものでもありません、その点はご安心ください。
個人信用情報機関は加盟している金融業者でしか照会をすることができません、そのほかに照会ができるのは本人だけとなっています。

プロミスが審査で個人信用情報機関に照会をするのは過去や現在の債務情報を確認するためとなります。
信用するための情報を収集すると言ったところでしょう。
例えばキャッシングを踏み倒したり返済が遅延することが頻発するようなことが過去にあったとすれば貸付には大きなリスクを伴うこととなってしまいます。
債務整理を行った過去があるとすれば債務者にとってはそれが法に守られた救済措置であったとしても、債権者側つまり貸す側にとってはどうでしょうか。
完済をするまえに約束の全額を返済することなく放棄したこととなってしまいます。
踏み倒しと債務整理はプロミスにとって違いはありません。
満額を返済しなかったということに違いがないからです。

過去のキャッシングだけが重要となるかと言えばそれだけでもありません。
意外に見落としがちなのがクレジットカードの支払いや返済、そして分割払いである携帯電話の支払いや家電の支払いもあるのです。